やりたくないことはやらないって決めた

生きづらさから解放されて自己肯定感を取り戻していく道のり

ブログを書く書く詐欺から脱してパソコンに向かう気持ちを上げる3つのステップ

こんにちは

ブログを開設してから早くも半年たってしまったイマカラです。

 

f:id:imakara8:20181104192058j:plain

未だに15記事程しか書き上がっておらず、何度も放置状態です。

いつも頭の片隅では書かなきゃ書かなきゃ…と気にはなっていたものの

モチベーションが上がらずに、情報収集のためと読書に逃げたり、

ネットサーフィンしたりしていると、あっという間に時間と日にちが過ぎていくばかり・・・

ほとんど書く書く詐欺です🤦‍💦

会社生活がイヤだから時給は安いけど時間が比較的自由になるパートアルバイトにせっかく切り替えたのに、そのメリットが活かされず、これではただの収入が少ない、フリーターになってる・・・

 

言い訳はいくらでも出てくる・・・

 

なんか体調が乗らないから

面白い動画、テレビが観たいから

読みたい本があるから

仕事で疲れちゃったから

眠いから

猫と遊んじゃったから

寒いから

なかなかエンジンがかからない

 ・・・自己嫌悪

きっかけ待ちをしていたけど、誰かが書きなさいとかやりなさいなんて

言ってくれる人がいるわけもなく・・・。

自分で重い腰を持ち上げる方法を見つけるしかないモンモンとした日々。

そんな中、今わたしがこの記事を机に座ってパソコンを開いて書くまでに、

かかった工程をご紹介しましょう 

大げさ(笑)

体を動かす

心と身体は繋がってます。

まず、じっとしているよりも意外と体を動かした方が脳が活性化されて元気に前向きになるので、

5分でも10分でもいいから、ストレッチみたいなこと

(ここでちゃんとやろうとすると、それ自体がめんどくさくなってやりたくなくなるので気楽に体をまずはほぐすぐらいに始めましょう)

肩回しや首回しなどやるだけでも血の巡りが良くなるので、

1歩パソコン前に近づきます(笑)

 

ちなみにわたしは、数年前に流行った「樫木裕実のカーヴィダンスで部分やせ!」

のDVDで15分程ゆるゆるカーヴィをしました。

基本的にわたしは運動は嫌いなので何をやっても続かないのですが、

このDVDに関してだけは、力を入れなくていいし、難しくないのに、

樫木先生の動く通りに体をリズムに合わせて無理なく動かすだけで、

薄っすら汗ばむのが驚きです。

今はこのムック本のDVDは販売終了してしまっていると思いますが、

YouTubeにもUPされてますし、その後もたくさん樫木流のムック本が出されてるので、ぜひ、懐かしい人はもう一度!

知らなかった人はゆるカーヴィをチェックしてみてくださいね!

リラックス&おやつ

パソコンにただ向かうのは、孤独な作業だし、

ノってくるまではなんだかちょっと寂しい・・・。

なので、エンジンかかるまでのお供に

わたしは好きなお菓子と暖かいミルクたっぷりのカフェオレをセット♪

ブログの記事にフィットした音楽をチョイス

無音の方が集中できる人もいるみたいですが、わたしはそれだとかえって気が散るので

YouTubeなどで、ヒーリング系やR&Bやjazzなど、聞き流せるものを選んで流しています。

日本語歌詞が入ってると入り込んでしまったり、気を取られてしまうので

ブログを書いてる時は英語もわからないわたしは洋楽を結構流してます♪

  

そんなこんなで(笑)

久しぶりにブログを書いてみました。

気負わず思ったことを書いてみました。

文章自体を採点したらダメダメで今後また書く気がなくなるので、

今は記事を書く習慣をつけることに

しばらくは専念していこうと思ってます。

同じようにブログを始めたけどなかなか進んでない方、

たくさんいらっしゃると思います。自分だけじゃないですよねきっと♪

 

今週末は一つ行動してみることにしました。

 

blog-support.jp

ブログを立ち上げる時はこちらの↑ブログを参考にさせていただきながら

なんとかやっと出来上がりました。

とても分かりやすくて押し付けがましくなく、とても安心できるサイトです。

そのサイトの方がセミナーを開いてるそうで

 「【初心者向け】2時間で分かる!副業ブログの創り方セミナー」

5名定員なので今月はもう満席ですが、

申し込みが間に合ったので行ってきます!

 

初心者が一人で悩んでドツボにハマってるなら、

すでに同じ道のりを歩んでいった先輩の話を生で聞いてみるのが、

一番かなと思ったので。

また参加したあとには、ブログで感想を書きたいなと思ってます。

ここまでお付き合いありがとうございました!

ではまた。