やりたくないことはやらないって決めた

生きづらさから解放されて自己肯定感を取り戻していく道のり

HSP(Highly Sensitive Person)だとわかったので生きづらかった人生に希望が持てそうな気がする

こんにちは イマカラです。

何度絶望しても希望は持って生きたいです!

f:id:imakara8:20181013163948j:plain

 

 

人生に希望が持てる本を紹介します

 

「鈍感な世界で生きる敏感な人たち」イルセ・サン著 枇谷玲子訳

 HSP(Highly Sensitive Person)っていうとても敏感な「気質」の人

社会の中で20%つまり5人にひとりの割合でいるということをご存知でしょうか?

HSPは病気ではなく、その人の生まれもった気質です。

 

 どんな気質?

 

  • 人との境界線が薄いため、敏感に人の気持ちが分かりすぎてしまう
  • 強い口調や威圧感のある人に逆らえず巻き込まれてしまう
  • 大きな音や強烈な匂い、鋭い光が苦手
  • お腹がすくことや暑いこと、寒いことを我慢をするのが苦手
  • 人混みや刺激の多い場所に行くのが苦手ですぐ疲れてしまう
  • 好きなことは美しい音楽を聴いたり、自然の中で過ごすこと
  • 一人の時間が大切

   などなど・・・

 

が特徴で、いくつかチェック項目があるのですが、

わたしはほとんど当てはまってました。

 

 

あ~HSPだからずっと生きづらかったんだ!

 

病気でもないし、わがままでもなく、忍耐力がないわけでもなくて、

苦手な場所、AWAYな場所へ無理して頑張って行ってしまったりすると、

非常に疲れやすかったり、敏感に反応して落ち込んでしまうのは

持って生まれた気質がそうさせてただけなんだとわかりました。

 

わたしは全然ダメ人間じゃなかったんだー😂

 

 むしろHSPは愛すべき才能であり長所なのだそうです💗

 

本当に長年苦しんできた肩の荷がおりた気がします。

 

脱力ぅ~

 

 HSPだと気付いたわたしはもう週に5日間無理して会社に行くことをやめました。

 

しばらくはアルバイトを見つけて働きながら(本当はこれもイヤなんだけど) 

在宅でブログを書いてアフェリエイトを取り入れながら仕事にしていくことを

堂々と自分に許すことにしました。

 

収入はどうなるのか? 食べていけるのか?

 

もちろん心配や不安はあるけれど。

 

まずは自分らしく生きることの方が優先。

 

苦しんできた分ハッキリいま思えます。

社会の中での息苦しさ、生きづらさが重くのしかかり

人の動作や意識に過剰に敏感に反応してしまう気質は人に説明しても

なかなかわかってもらえず、怠け者や神経症、うつ病などと括られてしまう。

 

自己肯定感が持てず、自信が無くなり、孤独になるしかありませんでした。

 

やっと、いまから自分らしい生き方のひとつを見つけたので

長く辛かった人生をやり直して

 

自信を取り戻せる希望が湧いてきました🔆

 

始めたばかりのブログは雑記として関心のあることを書いていくつもりですが、

カテゴリーの中に「HSP」を入れて、

日々の自分のHSPぶりをお伝えしていけたらなと思っています。

 

自分を肯定していく道のりに加えて、

同じように悩んでいる人たちへわたしの経験を通して

少しでも役に立ててもらえたり、安心してもらえたり、

 

時には笑って共感してもらえたら😊

嬉しいですし、励みになるので続けていきたいと思ってます。

 

どうぞよろしくお願いいたします😊